読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by gones~ロジャー・フェデラーの言葉

"by gones" = 「前向きに!」 テニスプレーヤー、ロジャー・フェデラー語録。完全なるファン目線です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

《番外編》 スイス旅行~街の観光(前編)

「スイスに行ってきました」というと、氷河特急とか?マッターホルンとか?という質問もそれほどされたわけではないですが(え)普通はそういうことですよね。ですが今回はメイン→テニス観戦でしたので・・・ 

 

 

 

合間合間に(かろうじて)訪れた街の様子を、前・後編に分けて写真とともに綴ります。番外編は続くよ・・・

 

2015年9月17日~23日@スイス

f:id:Nak79:20160828211532j:plain

 

ジュネーブ
デ杯の会場palexpoは、ジュネーブ空港駅と直結。ジュネーブ駅から空港駅までは10分弱の乗車。この往復が、観戦3日目になるころにはおなじみとなり、こんな光景にも遭遇。デ杯ならでは。

f:id:Nak79:20160828212417j:plain

ホテルから歩いてすぐのところにローヌ川レマン湖モンブラン橋が旧市街と駅側の中心街を結ぶ。大噴水が吹き上がるのを見ながら橋を渡るとそこは旧市街。ブランド店が立ち並び、なるほど歩いている人もセレブ感ただよう。

 

f:id:Nak79:20160828230257j:plain

f:id:Nak79:20160828230320j:plain

f:id:Nak79:20160828230343j:plain

 

坂の多い横浜育ちで慣れっこではあるものの、石畳の急こう配はなかなかのもの。こっちは何だろう?と気ままに道をそれると、坂の途中に(隠れ家的?)レストランや、片隅にはロボットみたいなかわいい消火栓。

f:id:Nak79:20160828230541j:plain

f:id:Nak79:20160828230607j:plain

 

のぼりきったか、と思ったところでサン・ピエール大聖堂の屋根がお目見えする。その大聖堂からすぐのところにたまたま見つけたかわいいクレープ屋さん。今日のディナーはここで決まり。外観だけでなく、クレープもかわいい。色もきれい。

f:id:Nak79:20160828230651j:plain

f:id:Nak79:20160828230718j:plain

f:id:Nak79:20160828230741j:plain

f:id:Nak79:20160828230803j:plain

 

別の日の午前中、お子さまが喜びそうな観光列車に。モンブラン橋を渡ってイギリス公園の周りをぐるっと廻る。噴水や大聖堂も違った角度から。

f:id:Nak79:20160828231311j:plain

f:id:Nak79:20160828231448j:plain

f:id:Nak79:20160828231517j:plain

f:id:Nak79:20160828231333j:plain

f:id:Nak79:20160828231401j:plain

f:id:Nak79:20160829220846j:plain

 

レマン湖/ラヴォ―地区》
デ杯期間中はジュネーブ側に滞在だったので、レマン湖沿いの街へ行くか、湖をクルーズしようと事前に計画していた。時間とも相談し、行き先はワイン畑の広がるラヴォ―地区に決定。湖沿いに列車は走り、1時間ほどでヴヴェイ駅に到着。そこから、ワイン列車とも呼ばれるローカル路線で最終目的地、Chexbres-Village駅へ。

f:id:Nak79:20160828231840j:plain

 

それにしてもこの路線、最初の駅までは歩いてもいけそうだぞ、という距離で速攻停まるのにびっくり。え?もう?なんて思っているうちに、景色がそれらしくなってくる。

f:id:Nak79:20160828231925j:plain

 

駅を降りるとまず、駅かわいい。(ワイン列車は普通の車両で、写真中の汽車ぽっぽではないです・・・念のため)例によってテニスの試合までの時間しか許されていないので、駅周辺を散策するにとどめる。葡萄農家かな?と思われる家並みを抜けると一面のブドウ畑。青空と緑のコントラストが本当に美しかった。いいお天気。

f:id:Nak79:20160828232042j:plain

f:id:Nak79:20160828232112j:plain

f:id:Nak79:20160828232348j:plain

f:id:Nak79:20160828232134j:plain

f:id:Nak79:20160828232205j:plain

湖沿いの街、次回はモントルーまで足を延ばしたいな。できればモントルーのジャズフェスのときに。

 

ローザンヌ》 
ローザンヌと言えば、タイムリーな話題では、IOC国際オリンピック委員会本部)がある場所、駅舎にも五輪のマークが。でも私たちにとっては、何と言ってもスタンの故郷。本当はもっと長く訪れたかったのだけど、スケジュール的に試合後のディナーだけになる。

f:id:Nak79:20160828232632j:plain

 

駅に着くと、そろそろ日も暮れはじめ、急ぎ大聖堂の方面へ、旧市街に入る。ここでも石畳の急こう配。今回の旅一番の急坂。これは足腰が相当鍛えられるね、雪降ったら歩けるのかな、と、ひ弱な都会人的見解などこぼしつつ。

f:id:Nak79:20160828232716j:plain


のぼってのぼって、いったん視界が開けたところで目にしたのは、サン・フランソワ広場と教会。ひっそりとした佇まいだわ、などと思っていたのだけど、それもそのはず、今日は日曜日、しかも日の暮れそうな時間、となれば、この広場から続くショッピングストリートのお店も、ほぼ全部閉まっているのだ。人通りが、ない。ショッピングストリートは、ウィンドウディスプレイだけで魅かれるお店が軒を連ねている。でも、暗い。ちなみに、引き続きのぼっている。

f:id:Nak79:20160828232806j:plain

f:id:Nak79:20160828232829j:plain

f:id:Nak79:20160828232852j:plain

 

また視界が開けたところで左に目をやると、現れた大聖堂。車やバスが慌ただしく行き過ぎる背景に、ゴシック建築が映える。暮れていく街。

f:id:Nak79:20160828232947j:plain

 

それからまた少しのぼりくだりして、本日のディナー場所が決まる。たまたま行きついたカフェバーは、live musicをやっている日もあるらしい。今日で終わってしまったテニス観戦を、それぞれ撮った写真とともに振り返りながらの、楽しくて名残惜しい食事だった。

f:id:Nak79:20160828233034j:plain

f:id:Nak79:20160828233057j:plain

f:id:Nak79:20160828233127j:plain

 

夕食後、すっかり暮れて、駅へ戻る。坂を下るのはすごく早く感じたのは気のせいだろうか。さて、テニス観戦も終わり、明日はジュネーブを発つ。(後編に続く・・・)

f:id:Nak79:20160828233527j:plain

f:id:Nak79:20160828233450j:plain