読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by gones~ロジャー・フェデラーの言葉

"by gones" = 「前向きに!」 テニスプレーヤー、ロジャー・フェデラー語録。完全なるファン目線です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

I have almost no choice really~ 2016.9.5 ATPインタビュー その4

 前回までは現在のお休み中のスイスでの生活について話していましたが、  

 今回はウィンブルドンを最後に今季のすべての大会をお休みするという、この大きな決断について語っている部分です。

 

全6回に分けられた動画のうち、Part5からの抜粋、0:18から1:20頃まで。質問部分はこの動画にはないので、ここから↓

Roger Federer reflects | More Videos | Video and Photos | 2016 US Open Official Site - A USTA Event

 

 (今年)ツアーから離れると決めたとき、もちろん相当の理由があってのことだと思いますが、その決断をするまでの過程は、難しいものでしたか?

 

I took time to make the decision, because it was one of the biggest decision I've taken in my professional tennis life. Not playing for 5 to 6 months, okay 1 month of being the off season, is a big deal and it better be well thought through, so that's why I was speaking to the doctors, to physio, to the team, Severin, Ivan, my wife, everybody just to see, are we all in the same page, because I would like everybody to be on the same page, if we take that decision we go down that route. So like I said before, I was really trying everything to make it work that I was going to be somehow I was able to play the Olympics, then maybe rest, or play the US Open and then maybe rest, but everybody who I spoke to just said like you need to rest right now, especially after all the beating that the knee received during Wimbledon. It started to get to me that I have almost no choice really.

 

プロになって、僕のテニス人生では一番大きな決断だったから、時間をかけて決めたよ。1ヶ月オフシーズンというのはあっても、5、6ヶ月となると一大事、これはよく考える必要がある。それで、 ドクターやフィジカルトレーナー、チームのメンバー、セヴェリンやイヴァン(コーチ)、ミルカ(妻)と全員で話をして、皆同じ考えかどうかを確かめたんだ。休むと決めて、その方向で行くなら、全員一致でそうしたかったからね。前にも言ったとおり、どうにかオリンピックまで、あるいは全米オープンまで戦ってから休むということができないのか、最後までその可能性を探ったんだ。でも、話をしたメンバー全員が、今すぐ休んだほうがいいという意見だった。特に、ウィンブルドンで受けた膝へのあらゆる衝撃を考えるとね。そうして僕も、今休むより他に選択肢はないんじゃないかという気持ちになってきたんだ。

 

この質問に対する答えはまだ続くのですが、長いのでいったんここで切りますね(汗)。

休む直接の理由は、ウィンブルドンで結構無理をして膝への影響が・・・とか、そもそも手術をするような大きな怪我は初めてで・・・とか、こちらで想像もできます。でも、医学的にどこがどう損傷を受けて、というようなことは明かせないでしょうし、それなら誰がどういう意見で、大会に出る選択肢も模索した、でもこうなった、と決断に至るプロセスをこうして話してくれると、より、なるほどな~と思えるんですよね。それと同時に、ロジャー自身は本音は出たかった、という気持ちの部分もよく伝わって、切なくもあるのですが・・・。

ではどうして無理して出なかったか、気持ちの整理は?という部分は次回、この続きの答えでご紹介します。

 

f:id:Nak79:20161004033409j:plain

f:id:Nak79:20161004033459j:plain

f:id:Nak79:20161004033530j:plain