読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by gones~ロジャー・フェデラーの言葉

"by gones" = 「前向きに!」 テニスプレーヤー、ロジャー・フェデラー語録。完全なるファン目線です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

《番外編》 スイス旅行~デビスカップ観戦(後編)

前回から、昨年のスイス旅行回顧録を始めました。 本日後編です。

 

到着から3日目にして、初スイスの割には私馴染んでいるんじゃ?なんて思いながら、いや、思えば出発前から、スイス人(要するにロジャー)と私たちって似た感覚持ってるかも、と(無理やり)思えるエピソードが結構あったよ・・・と前置き長くご紹介したところで、いよいよ会場でロジャーのプレーを目の当たりにした感想に入ります。(遅い)ちなみにプレーや試合の解説はしていませんけども。(え)写真は多めです。

 

**************************************


目の前でウォームアップが始まった時は、本物だ、という興奮がありながら、テレビで見るのと同じフォーム、動きをしてる、と少し冷静な自分もいた。

f:id:Nak79:20160828150443j:plain

f:id:Nak79:20160828150556j:plain

 

1日目のシングルスは、スタンのあとにロジャー。スタンがフルセットで予想以上に紆余曲折して勝った後の登場だった。スイスの観衆は、スタンのアップダウンに合わせてかなり白熱した。会場も、スタンが勝ち切っていったん一息入れた感をそのまま引きずっていたかもしれない。ずいぶんと落ち着いた会場になった(笑)

f:id:Nak79:20160828150650j:plain

f:id:Nak79:20160828150718j:plain


その雰囲気で、私も冷静に見れた部分もあったのか、ひとつひとつ、目に焼き付けなくちゃと思って気持ちを静めようとしたのもあったのか。目にも焼き付けたいが、写真にも残したい。でもロジャーはとにかく速い。速すぎてブレブレになるか、すぐフレームアウトされてしまう。こんなところで速さを感じることになるとは(笑) 速いと言えば、この年の夏に生まれたスーパーリターン、sabr (sneak attack by roger) も何度か目にすることができた。成功は・・・あまりしていなかったかな。

f:id:Nak79:20160828150830j:plain

f:id:Nak79:20160828150931j:plain

f:id:Nak79:20160828151025j:plain

 

今回の相手はオランダだったが、ロジャーとスタンが両方出場する時点で、選手のランキングにも差があり、最初から普通にやれば勝てる、という雰囲気だった。なので、それほど試合に緊迫感はなく、全米オープンの直後ということもあり、正直ロジャー疲れてるかな、という様子も見えた。2日目のダブルスはスタンが怪我で出られなくなり、ロジャーとマルコの幼なじみペア。もちろん一緒に勝てれば申し分なかったけれど、それは叶わず。途中マルコサーブのとき、1stか2ndかでロジャーは前後にポジションを変えるのだが、あれ?次は2ndだから・・・えーと・・・?と何度も迷って行き来していた。やっぱりちょっとお疲れモード?フルセットで惜しい負けだったが、どこかで、3日目シングルスで勝つからそれで許してね~というのがロジャーの中にあったのではないだろうか。

f:id:Nak79:20160828151212j:plain

f:id:Nak79:20160828151320j:plain

 

あくまで想像でしかないけれど、相手が超強豪ではないという状況の他に、スイスというホームならではのリラックス感もあった気がした。ロジャーは、どこの国で試合をしてもホームになる、と言われるくらい世界中のファンに大人気だが、各国から詰めかける熱狂的なファンよりは、自国のファンは落ち着いているのではないか。単に、自分の国の選手だから応援している、というケースもあるだろうし。もともと自然体なロジャーだけど、そんな自国ファンが9割がたを占め、幼なじみや親しい仲間たちとプレーできる今回の会場では、より素になれて、ほっとできて、リラックスできるのかな、と思ったりもした。

f:id:Nak79:20160828151644j:plain

f:id:Nak79:20160828151756j:plain

f:id:Nak79:20160828152105j:plain

 

************************************************

 

そんなわけでベンチ後方席で彼らの後ろ姿を眺めながら、この3日間の幸せをもう一度かみしめる。そして、ツアーで、グランドスラムで、さらに緊迫した試合を戦うロジャーもliveで見てみたいな、という欲も出てくる。ロジャーとスタンのフェデリンカダブルスがなかったのは少し残念だったけれど、2014年の優勝の余韻がたくさん残ったこの会場で、"BREAK" と "HOP SUISSE" が裏表になった例のハリセン応援ボードを掲げて周りに溶け込んだ気になってみたり、優勝杯と写真を撮ったり、何より3日連続でロジャーが見られて本当に至福の時だった。

f:id:Nak79:20160828152238j:plain

f:id:Nak79:20160828152400j:plain

f:id:Nak79:20160828152500j:plain

f:id:Nak79:20160828152541j:plain

f:id:Nak79:20160828152644j:plain

f:id:Nak79:20160828152830j:plain

f:id:Nak79:20160828154442j:plain

 

最後にスイスチームのジャージを記念に買う。会計をしてくれたお兄さんが、おまけでスイス国旗の十字つきのバックをつけてくれた。見たところ他のお客さんにはそんなことはしていない。ああ、これはもしかして、カード使える?とか、日本から行くよ、とかさんざんツイッターで送ってたから、この会場ではめずらしいアジア系の私たちを見て、あの質問してきてた日本人じゃないか?とわかってくれたのかな、なんて、ほらやっぱり気配りがステキだ、なんてにやにやしながら、会場をあとにした。(完)

f:id:Nak79:20160828153007j:plain

f:id:Nak79:20160828153057j:plain

f:id:Nak79:20160828154347j:plain

f:id:Nak79:20160828152929j:plain